メニュー

奥武観音堂由来

学びのポイント

このお話は、海に生きる人々にとって、
遭難の危機は隣あわせという認識のもと、国境や人種を問わず、
互いに助け合う心意気を学ぶことができます。
また、現在も続く、奥武島海神祭では航海安全や豊漁が祈願され、
中国と島民とのつながりを海を通して、海と共に生きる誇りと心構えを感じることができます。

静岡県袋井市
上映会の様子

海の神と陸の神

海の神と陸の神

海の神と陸の神

来場者がアニメーションを通して感じたこと

  • 子どもを思う気持ちが母親を亀にして子どもを助けたという部分がとても心が暖まった​。

  • 子どもを思う気持ちが母親を亀にして子どもを助けたという部分がとても心が暖まった​。

  • 子どもを思う気持ちが母親を亀にして子どもを助けたという部分がとても心が暖まった​。

民話の活用事例

甚助の板子

おたるがした

奥武観音堂由来

【奥武観音堂由来の舞台】
自治体紹介

2019年度 海の民話のまち
認定プロジェクトエリア