メニュー

寿都すっつ風泙かざなぎさま

学びのポイント

春先になると、たくさんのニシンが産卵におしよせ、寿都の町はニシン漁でにぎわいます。
しかし、船をひっくり返すほどの強い風「出し風」は、人々を困らせていました。
あるとき、ニシンの群れがきて、人々は大漁を喜びますが、「出し風」が吹き、漁夫たちをじゃまします。
そこに、ふしぎな少年があらわれて、風を切るように鎌をふるうと、
風は船をよけるように、湾を吹き抜けていくのでした。少年の正体は風神様の子だったのです。

北海道寿都郡寿都町
上映会の様子

来場者がアニメーションを
通して感じたこと

  • 子どもを思う気持ちが母親を亀にして子どもを助けたという部分がとても心が暖まった​。

  • 子どもを思う気持ちが母親を亀にして子どもを助けたという部分がとても心が暖まった​。

  • 子どもを思う気持ちが母親を亀にして子どもを助けたという部分がとても心が暖まった​。

民話の活用事例

甚助の板子

おたるがした

奥武観音堂由来

【寿都の風泙さまの舞台】
自治体紹介

2018年度 海の民話のまち
認定プロジェクトエリア